起業して1年半経っての自己紹介とか月収100万超えた話とか闇落ちした話とか

どうも、こんにちは。ホンユウタです。

このページでは、

  • 1日3冊本を読んでいた小学生が見た世界
  • 大学4年生で起業して、月収112万円を稼いだ話
  • ダークサイドな世界に魅了されて没落した話
  • 1000万近い借金を作った話
  • 雑談をしているだけで月に数十万稼げるようになった話
  • 遊んでいても日給10万稼げるようになった話
  • 生徒にも月収7桁が出てきた話
  • お金稼ぎの先にある呼吸しているだけで、自由に稼げて、仲間に囲まれる次元とは?

といった話をしていこうと思います。

 

僕は、ただ金銭的に成功するのではなく、

「心技体」を整え、成功スピードをコントロールしていくことをモットーとしています。

心→思考、感情のコントロール

技→スキル

体→肉体の健康、対人関係

と言った感じです。

 

なぜ、この方針なのかと言うと、

・メルマガでは大上段なのに会うとコミュ障
・ビジネスでは成功しているけど、プライベートの人間関係が崩壊している
・時間、お金、健康はあるのに幸せな人生を生きていない

みたいな人がビジネス界では非常に多いからです。

こうなってしまう原因って、時代とか人脈とか運に恵まれたら、
金銭的には成功できてしまうせいだと思います。
(月収100万くらいなら素人でも3ヶ月位でいけてしまいます。)

でも、実力以上の、器にあっていない収入を得ても、
その先にあるのは崩壊だけです。

お金を稼いだあとの方が、稼ぐ前より不幸になったという話は、
知人の例だけでも何人も聞いてきました。

 

実際、お金を稼ぐのってコツを掴めば
案外簡単に出来るもので、

僕自身も1日1~3時間程度しか仕事をしませんが、
それでも気づいたら日給10万稼いでいることなんて、
ざらにあります。

それに、コンサル生でも月収7桁の人が現れたりと、
お金を稼ぐこと自体は難しくないです。

 

なので僕は、自分の内側と外側の両面から整えていき、
成功スピードをコントロールすることを意識しています。

この持った背景についても少しずつ解説していきますね。

0から脳を作り進化していく教育法

現在、僕は「0ベースの人がどうやったらビジネスで成功できるのか?」
ということをテーマに、

具体的にどのスキル、どの思考法をどのタイミングで身につければ上手くいくのか?
ということをクライアントと検証した結果、

・ビジネスを初めて3週間でコンサルティングを受注(ある思考法のおかげで)

・「ネットビジネスで稼ぐのって難しいですよね。。。」と言っていたクライアントが、1週間で稼ぐ方法に気づき、2週間目には自主的にリサーチを始め、ビジネスを構築開始。

・30年間遊び続けていたクライアントが、強制することなく、寝る間も惜しみ勉強し、情報発信を始める(3ヶ月以上継続中)

といった結果が出ています。

 

僕自身は、

・会ったこともない人に対し、電話一本で企業コンサルを受注

・稼いだ金額でブランディングすることなく、コミュニティを形成

・あくせく働くことなく、年収数千万以上の起業家と人脈を構築

・自分より一回り上の人に教えを請われたり、雇ったり出来るようになる

といった結果が出るようになりました。

 

「0ベースの人の最短成功ルート」が構築できてきたので、

数十人規模の無料コミュニティを運営したり、
メールマガジンやLINEマガジンでさらに多くの人の
育成に日々、取り組んでいます。

0カセコミュニティでセミナー
0カセコミュニティでセミナー
夜な夜な、コミュニティで電話勉強会
夜な夜な、コミュニティで電話勉強会

月収100万円を自動で稼ぎ、自由な生活を送りませんか?

・・・と、仲間に囲まれながら日々、楽しんでいる僕ですが、

こんな怪しい感じのビジネスに取り組んでいる時期もありました。

ちょうど、その時参加した企画の動画があったので貼っておきます。
(これで稼げると思った僕って若いな~笑)

他にも怪しいなってビジネスは一通りやったという
謎の自信はもっています。笑

今、もう一度やろう、とは思わないですけど、いい経験にはなりましたね~。

 

ちなみに、こういうビジネスをする中でも、
コピーライティングやマーケティングという、

ネットビジネスの必須スキルの勉強はしていたので、
上手いことハマってくれて、

ネットビジネス開始3ヶ月で月収112万円を達成することが出来ました。

ただの大学生の口座に新卒の給料みたいな金額がバンバン振り込まれてくるので、
かなり衝撃的でしたね。

あ、お金稼ぎってこんなにカンタンなんだなー。

ってことを実感しました。

 

ちなみにこれって僕が出来ただけで、同じコミュニティでつながった
他の数十人の人達は誰ひとりとして稼げていなかったです。

勉強せずにらくして稼げるなんてただの幻想ですから。

パズルのピースを揃えて、当てはめていけば楽して稼げる

というのが真実ですね。

2つのビジネスモデル戦争

僕は、

「ホンモノの実力で自然と稼げてしまう世界」

「ニセモノの幻想でなんとなく稼げてしまう世界」

2つの世界を経験してきました。

 

こういう書き方をすると前者のほうが絶対いいでしょ!
と思うかもしれませんが、

表面的には稼げていたら幸せそうに見えます。

SNSやLINE@でお金をパァーッと使って、
海外旅行に行ったり、ブランド品を買いまくって、
自由な生活を送っているのを見ると、

「うらやましいな。。。。」

って思っちゃいます。
(実態は働き詰めってパターンも多いです。)

で、うらやましいなって思った人に幻想を売るので、
稼ぎ続けることが出来るってロジックですね。

 

販売者としては非常に楽な世界なので、
一度ポジションを築いてしまうと、
抜けれなくなるパターンに入ります。

「本当はやめたいんだけどね。」
という裏話はたまに聞けたりますよ。

 

 

かといって、ホンモノの実力で稼いだ世界でも、
なにもしなくても稼げる状態になってしまって、

逆に充実感を感じることができなくなり、
お金を使って楽しそうに見えるけど、
実際は虚しさを感じている人も多いです。
(この目で何人か見てきました。)

 

でも、実力があるから自然と売上を伸ばしてしまうので、
表面的にはさらに楽しそうに見えるようになり、

周りから見た自分↔現実の自分

のギャップが大きくなりさらに苦しんでいきます。

 

 

じゃあ、どうすればお金持ちにもなれて、幸福にもなれるのか?

この問いに答える新世界を目指しているわけですが、、、

 

その前に僕について深く知ってほしいので、
少し、昔話をしようと思います。

 

というか、お金稼ぎなんてカンタン、とかいうと、

「それはホンさんが才能あったからでしょ?」
「そんな誰でもうまくいくはずないじゃん。あなたが特別なだけ。」
「どうせ初めから家庭環境に恵まれてたんでしょ?」

というふうな意見をもらうので、

その勘違いをなくすためにも、ストーリー調で僕の人生を振り返っていこうと思います。

本を1日3冊読む小学生

僕は1995年に奈良県の王寺町で生まれます。

2人に1人には聞かれることですが、ホンは本名です。笑
親が韓国人なので珍しい性なだけですね。
(ちなみに韓国語は話せません。。。)

僕の親父は大学で鍼灸について学んだあとに

韓国で3年間修行

日本で病院に就職

リストラにあい独立

というような経歴なんですが、

 

とにかく金運がないんです!

 

親父は勉強熱心でした。

家に入らない本を収納するために倉庫を借りる程度には、
勉強熱心と言うと分かりやすいですかね?

ダンボール100箱以上、
自室は一面本棚、
みたいな感じでした。

でも、、、運がなかったです。

具体的に言うと、

・4人兄弟の次男を出産したタイミングで実質的なリストラに会う

・独立して事業がうまくいき始めたタイミングで連帯保証人の影響で5000万近い借金を負う

・なんとか持ち直し始めたタイミングで脳梗塞で倒れ入院する

etc…

人柄はよかったので、よくある
「家庭内暴力」「ギャンブルで家庭崩壊」みたいなことはなかったですけど、

高校生の頃に「一家離散の危機」になる程度には貧乏でした。
(男4人兄弟なことも貧乏に拍車をかけてました。)

 

幼稚園くらいの時は気づかなかったんですけど、
小学校に入ったくらいから、周りが外食、旅行に行ってるのとか、

お小遣いをもらっているのを見て、
「あ、俺んちって貧乏なんだな。」
ってことに気づきましたね。

それと同時に、

お金がないだけで周りが当たり前にしていることが出来なかったり、

普段遊んでいるときとかに劣等感を感じたり、

周りとは違うというギャップから勝手にネガティブになったり、

 

僕(小学生)
貧乏ってだけでホンマに嫌なことばっかりやん

って心底思ってました。

 

こんな僕を救ってくれたのは、家族でも友人でもなく、

「本」

との出会いでした。

親父が読書家だった影響もあり、本は身近な存在だったので、
ある程度字が読めるようになってきた小学2年生くらいの頃には、
自然と本を読むようになりました。

どれだけお金がなくても、図書室と図書館に行けば、
時間を潰せて、新しい世界を知れるというのは、

少年なりに衝撃的でストーリー物を中心に
とにかく読み漁りました。

それに、読書家ってポジションになっとけば、
運動できなくても、ゲーム持ってなくてもクラスで浮かないっていうのも大きかったです。


(このとき20回以上は読んでた三国志↑)

 

のめり込みまくって今思うと気が狂ったように、
本を読んでましたね。

週に5回くらい図書館に行って本を5冊ずつ借りてきて、

毎朝、学校に登校する前には今日読む本を2冊ランドセルに入れて、

朝休み、授業の間の休み時間、授業中(ダメでしょ)、昼休み、

と、とにかく読みまくりです。

 

特に「ストーリー物」には深く惹かれました。

読んでいる時はまるで自分が主人公になったみたいに、
なににも縛られずに自由に世界を冒険できて、

時には英雄、
時には悪役、
時にはわき役、

になってみたりしたり、

三国時代、
戦国時代、
異世界、
近未来、

を自由に冒険したりしていました。

(↑こういう感じの世界観でした、、、!)

普段から、お金、容姿の面でコンプレックスしか
なかった僕としては最高に幸せな瞬間です。

毎日が冒険みたいで楽しかったので、

朝起きて登校するまで、全ての休み時間、放課後、
ご飯を食べているとき、トイレに入っているとき、寝る前、

と常に本を手に持ちながら生活していたので、

「1日3冊本を読む小学生」

が誕生しました。笑

じいちゃんとかばあちゃん家に行っても本を読んでるもんだから、
勉強熱心って褒められてお小遣いもらったりもしましたね。

 

でも、現実はいつも厳しくて、、、

空想の世界では無敵の勇者だった僕も現実では無力な小学生です。

理想と現実のギャップに苦しみながらも、
漠然とお金持ちになりたいな~と考えていたりもしました。
(ちなみにこの意志は、中学生の頃、「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだことをきっかけに加速します

 

今思えば、この時の基盤が僕のビジネスと人生に根付いていて、
結果にもつながっていることは確信しています。

と、この段階でも分かりますが僕は、

・一家離散の危機を迎えるほどの貧乏

・クラスではすみっこで本を読んでる根暗キャラ

・容姿や家庭環境にコンプレックスしかないネガティブ坊や

という感じでした。
(世間で言う成功とは真反対なやつですね。)

お金持ちになれる!と思い始めた中学生日記

ストーリーに魅了されて、
ひたすら想像力と妄想力が強力になっていた僕は、
空想では無敵でしたが現実では根暗で地味な坊やでした。

自分に自信も希望も持っていなかったので、
やりたいこととか夢なんかあるわけなく、
中学3年生の進路に迷っているときに父のすすめで

「金持ち父さん貧乏父さん」

という本に出会います。

シンプルに一言で言うと、

「Youも金持ち目指せるからやっちゃいなよ!」

みたいな内容ですね。
(かなり重要な概念が載っている本なので別途で解説しますね。)

単純だった僕は

中学生のボク
よっしゃー!俺も金融について勉強して金持ちになる!

と考え、ビジネス書やビジネス誌を読み漁りまくりました。

持ち前の想像力で金持ちになるビジョンだけは明確に見えていたので。笑

親父が経営コンサルタントの講座を受けていたので、
そのバックナンバーの資料や音声をもらって聞いたり、

図書館とか親父の本棚にあるビジネス書を
片っ端から読んでみたり、

自分が出来そうなことにとりあえず挑戦してみました。

今思うと、クレイジーな中学生ですね。笑

 

で進路も、商業高校に進学→大学も経済学部に進学
というルートを歩み始めるのですが、、、

まあ、アメリカの本を読んで、日本の教育を受けるんですから、
もちろん想像していた内容なんてあるはずがなく、絶望しましたし、

いくら勉強してもどうやって活かせばいいのか?が、
全く分からなかったので、どんどんやる気が無くなっていきました。

理想と現実のギャップが大きすぎたんですよね。

 

で、大学に入ってからは奨学金とアルバイトのおかげで、
これまでにないくらい手元にお金が入るようになったので、

一人暮らしということも相まって、
ゆるやかに堕落していきました。

 

適当に講義を受けて、
適当に友だちと遊んで、
適当に講義をサボったりもして、

みたいな日々。

部活には熱中して楽しかったですけど、
それ以外に特に楽しみもなく、
空虚な毎日を過ごしていました。

意味がわからない世界との出会い~そして、月収112万稼いだ話~

僕の人生の転換点は大学3年生の2月。

心の底ではお金持ちになりたい思いは消えてなかったし、
ずっと苦労している両親に仕送りをしたかった僕は、

「最低でも年収400万以上」という条件で就職活動をしていました。

ただ、やりたくもないのに興味があるふりをしてニコニコしたり、
お互い騙しあいみたいに選考したり、
みたいな就活に正直、嫌気が差してました。

一応、新卒の年収が450万くらいある企業の長期インターンに合格して、
このまま内定まで突っ走ろうかな?とも思ってたそんな時期、

ある出会いがあります。

 

大学に通いながらビジネスに取り組んでいた友人から、

友人Y
すごい人がいるんだけど一緒に会いに行かない?

という怪しいLINEがいきなり来たんです。

正直、めちゃ怪しいやん、、、とは思ったんですけど、
今の状況にもやもやしてた僕はせっかく誘ってくれたし、
会ってみよう!と思って会いに行くことにしました。

タ◯ーズというカフェで会う予定だったのですが、
カフェとかほぼ行かないうえ、結構寒い日だったので、
若干緊張しつつ、厚着をしてチャリをこいできます。

着くと友人と、社会人っぽい人が2人いて、
「とりあえず飲み物頼んできたら?」
と言われたので、ホットコーヒーを買って先に座り、
起業家さんの到着を待っていました。

しばらく待っていると、、、

近くに、バシッとスーツを着ていて、髪型はショート、
体型は中肉中背の男性が来て、

友人がパッと立ち上がって、「お疲れ様です!」
といったので、ああ、この人なのか、と思いました。

見るからに仕事ができそうな印象を受けましたね。

 

そこから、落ち着いた雰囲気で起業家のSさんが
座って、話を始めてから僕の人生が変わり始めました。

・リアルに金持ち父さんがいるという話

・月収数千万の世界

・年収億を稼ぐ大学生もいるという事実

・労働という手段以外にも、仕組みを作り稼ぐ方法があるということ

など、本でしか出会ったことのない世界が広がっていたのです。

 

「これが金持ち父さん貧乏父さんに書かれていたメンターとの出会いか!」

という風に確信しましたね。

ここで僕のスイッチが一気に切り替わって、

合格していたインターンを断って、
就活関連サイトの登録も全て解除して、

ビジネスに挑戦する道を選ぶことにしました。

正直、不安もありましたが、ワクワクのほうが圧倒的に
強かったので新しい冒険に出るような気持ちで溢れていました。

もちろん、順風満帆とは行かなかったです。

迷ったり、後悔したり、自信喪失したり、
色んな経験をする中で、継続していたら、

ビジネスを初めて10ヶ月目の2017年の12月に
月収112万円を達成することが出来ました。

ダークサイドな世界に魅了されて没落

ここからは一瞬で右肩上がりに収益が伸び続け、
今ではこんな世界が広がっています、、、

みたいな話がテンプレですが、僕はこうは行きませんでした。笑

 

12月、1月とビジネスの基本となる「型」を知って、
素直に実践していました。

ホンユウタ
あー、ビジネスって 価値提供>>>>>>>>>お金 みたいな考え方で、価値提供しまくって仕組みを作ればいいんだな。カンタンじゃん。

こんな感じで、やることは分かっていたので
あとはどんどんやっていくだけ!みたいな状況だったのですが、

ある、悪魔と出会います。

 

『欲』という名の悪魔です。

こいつが強くなってきて、

お金>>>>>>>>>価値提供

みたいなマインドに陥ったのです。

 

僕の周りにいる人達も自然とそっちよりの人が増えていきました。

「お金が入ればコンテンツはクソでもいい。」

みたいな考え方の人たちですね。

僕はマインドはダメになったものの、
結局、その人達みたいに振り切ってお金を見ることも出来ず、
みるみる収入は落ちていきました。
(まあ、今となっては詐欺的な稼ぎ方をせずに済んだのでよかったですけど)

当たり前ですよね、、、

なんの価値も生み出していないのにお金を稼げるはずがありませんから。

 

2018年の4月には、貯金残高が「0」どころか、マイナス、

そんな状況なのに月末に支払いが30万くらいある、

みたいな状況にまでなっていきます。
(ちなみに収入は数万円くらい)

リアルに財布の中身がこれくらいでした。

頭の中を「お金のこと」だけに支配された僕は、
時間はあるのにビジネスに取り組むことが出来ず、

さらにIQも下がりまくって価値提供を一切できていなかったので、
状況は悪くなる一方でした。

寝る前に「このまま死ねれば楽なのにな。。。」
みたいなことを自然と考えるくらいにはつらかったです。。。

財布を握りしめて、絶望した先にあった世界

僕の口座残高がマイナスでも世界は回るわけで、
時間はどんどん進んでいくんです。

そう、支払いの月末は必ず来るんですよね。

もう必死でどうにか稼ごうとしました。

 

僕は、

「一気に稼ぐならセールス書けるしかないよな、、、よし!セールスレターを書こう!」

と考えて、セールスレターを書こうとします。

それで書く前にあるコピーライターについて調べようとしたら、
全く違う人のページがトップに3つくらい来たんですよね。

本来の目的ではなかったですけど、
「ん??誰やろう??」と気になって読んでみることにしました。

 

そこで、体に電撃が走るような衝撃を受けました、、、

何が違うのか?うまく言葉には出来なかったのですが、
これまで見たどんな情報とも違ったんです。

ああ、この人の情報を見ればなにか変わるかもしれない。

そんな思いで、なにかが変わる気がしてメルマガに登録します。
(今思えば、情報密度が濃くて、師匠の価値提供マインドが半端なかったからです。)

 

・・・それで、登録して配信を読んでみると、
これまでの触れたことのない情報にあふれていて、
自分が上手く行かなかった原因がどんどん解決していったのです。

登録して何日か経ったときに、コンテンツをきちんと見ている人限定で、
『50分スカイプコンサルを受けませんか?』
というオファーが来ました。

「マジか!話してみたい、、、!」と思って、

50分で9,700円という金額だったのですが、
ジャパンネット銀行に11,000円入っているのを確認して、
一切迷わず受けることにしました。

実際のメール画像

で、どうなったのかというと、、、

たった50分のコンサルで僕が半年近く抱えていた悩みはすべて解決しました。

ハンパなかったです。これがホンモノか、、、って感じでした。

それから、師匠の好意もあり、コンサルを受けることになり、

雑談をしているだけで月に数十万稼げるようになった

師匠から学び

それを元に情報発信

気になった人と電話で雑談

ということをするだけでなぜか、向こうから、

「指導して欲しいです!」
「おすすめの商品を教えてください!」

みたいな声をいただけるようになり、お金が手元に入るようになったのです。

師匠と出会ってから、アフィリエイトの成約は簡単になりましたし、
個人コンサル、法人コンサル(1社)も受注できるようになりました。

オンラインコミュニティを立ち上げたら
1日で数十人集まるようにもなってきました。

 

考えてみればカンタンな話で、お金のことを忘れて、
純粋に価値提供をして、信頼関係を築く、
というごく当たり前なビジネスの原則をこなせるようになったから
なんですよね。

僕はここでようやく立ち直っていくことが出来ました。

呼吸しているだけで、自由に稼げて、仲間に囲まれる次元

とまあ、ざっくりとですがこれが僕のビジネスライフです。

たった、1年半の出来事ですが想像以上に色々とありました。
(語りきれなかった出来事もかなりあるのでおいおい話していきます。)

当時はかなり苦しかったですが、今振り返ると、
20代前半の間にこういう失敗をたくさんできたのは、
かなり財産になっています。

借金もしましたし、
小さい成功もしましたし、
成功からの没落も経験しましたし、
ビジネスのダークサイドも経験しました。

そこから、師匠と出会い、自分を見つめ直し、

ビジネスは正しく取り組めば結果が出るし、
仲間を作っていくことも出来るツールだという
光の側面も経験しました。

 

2つの両極端な世界を経験したおかげで、
人としての振り幅が大きくなったんですよね

これは僕がもし成功し続けていたら、
一生理解できないことだったので、
かけがえのない僕だけの財産です。

 

 

で、

これから僕が目指しているのは

僕だからこそ作れる新しい世界です。

小さな成功を経験して思ったのが、そのまま上手く行けばいいけど、
失敗した場合はよりつらい生活が待っているということ。

やっぱり、自分の実力以上に稼げてしまうと、
その影響って必ずやってくるんですよね。

 

だから今、仲間たちと、ただ知識をつけて「お金儲け」をするのではなく、

心技体すべてを進化させ、自然と稼げるようになっている状態を目指しています。

稼ぐためにビジネススキルを身につける、ではなく

進化するために心技体すべてのスキルを身につけたら稼げるようになっていた

ということです。

 

確かに、お金を稼ぐためのスキルを学んでいけば、
月収10万、100万、1000万と増やしていくことはカンタンです。

でも、それじゃバランスが悪くて「幸福」にはなれないんですよね。

 

成功のスピードなんて自分でコントロールしましょう。

「お金儲けだけ」、「稼いだ額でしか話せない」、
そんな次元で話すのは面白くないです。

 

内側と外側、両面からアプローチすれば、
価値観の合う仲間が確実に増えていって、

お金に困ることもなく、健康的で、
最高のパートナーにも恵まれて、

暖かい幸福な人生が待っています。

 

僕の情報発信を通じて、こんな人生を歩める人が
1人でも増えるように僕は情報発信をしています。

 

長くなりましたが、ありがとうございました!

 

ps.感想等があればLINE@の方にいただければなぁと思います!

何十と感想を頂いてきましたが、
全部ありがたく読ませていただいてますし、
面白い人とはやりとりしたりもしています。

ここをきっかけに仕事を一緒にしたり、
コミュニティの仲間となる人もいるので、
遠慮なく送っていただければ嬉しいです。

検索する場合は、 lineID @wzq6229l(@マーク忘れずに)
スマホの場合は↓

 

最新情報をチェックしよう!