永遠に稼ぎ続けるためのマーケティング論

『マーケティング』

という言葉をよく聞くと思うんですけど
実際に重要性を理解していない、
いまいち必要性を分かっていない

ということが非常によくあります。

個人レベルで稼ぎ続ける場合も
企業レベルで稼ぎ続ける場合も

マーケティングは必須です。

なぜなら、マーケティングが出来ないと
どれだけいい商品があったとしても
全く売れないからです。

もしくは少しは売れるけど、
マーケティングが出来ないために
売り上げが10分の1以下なんてことはざらにあります。

逆にここをしっかり学んで
原理原則から外れずに戦略を練り
ビジネスを展開していくことが出来れば

年収3000万レベルまでは個人でも
持っていくことは“現実的に可能”です。

理解すればどんな商品であれ
ユーザーを集めて売ることが出来るので
売り上げが上がるようになるからです。

非常に重要なスキルなので
一気に理解しようとせずに
少しずつ理解して自分に
落とし込んでいきましょう。

やっていないだけで売り上げが9割落ちるリストマーケティングとは?

まず共通認識として『リスト』という単語を覚えましょう。

リスト=見込み客=自分の商品を買うかもしれない人

ということです。

このリストに対して何かしらの情報を伝えて
自分(商品)に価値を感じてもらうことで

信用を得ることが出来たり
商品を購入してもらったり
ファン、リピーターになってもらったり

ということが出来るようになり
ビジネスが回るようになります。

で、

リストマーケティングというのは

①リストを集めて
②リストを教育して
③リストに販売する

というすごく単純なモデルのことを指しています。

もう一度言いますがリストマーケティングとは

①リストを集めて
②リストを教育して
③リストに販売する

というモデルのことを指しています。

すごく簡単なのですがめちゃくちゃ奥が深く
ここを理解しておかないと話が分からなくなってくるので
あえて2回言っておきました。

 

リストを集めるとは?

リストを集めるとはどういうことなのかというと

見込み客がメルマガやLINE@などに登録し、
自分の配信を“直接”受け取ってもらえる状態

を指しています。

ただ、SNSでフォロワーが多かったり、
ブログで読者数が多いというのは
リストを集めているのではなく

“アクセスが多いだけ”です。

「いやいや、でもアクセスが多いだけでも
インスタグラマーとかブロガーって稼げてるじゃん」

って思うかもしれませんが
リストを集めていないせいで
ハンパなく損失しているということです。

なぜかって話の前にリストの重要性を少し話すと

江戸時代の話なのですが
商人は火事が起こった際に家族よりも家財道具よりも
何よりも最初に守ろうとするものは

『顧客名簿』
真っ先にそれを取りに行って
井戸の中に投げ入れたらしいです。
(和紙なので水に入れても大丈夫なので)

今よりはるか昔の江戸時代から
「顧客リスト」というものは重要なんです。

なぜなら、

それがあれば家財道具が全焼してなくなってしまっても
もう一度、事業を始めることが出来るから。

そうですよね。

自分の家財道具がなくなっても

顧客との信頼は失くなりません

信頼がなくなっていないのであれば
何度でも事業を立て直すことが出来ますよね。

信頼があるのでお金を借りることも出来ますし、
ビジネスを立て直すための出資を受けることも出来ますし、
何か商品を販売すれば売ることも出来ます。

そう、、、

ここがすごく重要なんですが

ただアクセスが多いだけだと、
直接やりとりはほぼしないので信頼関係を築くことが難しく
商品を販売したとしても単発で終わることが多いです。

あなたの発信を見てくれているとしてもずーっと見てくれる人なんて
本当にごくごく一部ですし、

アクセスしてきた人からなにかアクションを起こすことはないので
(というかメルマガ登録フォームがないとアクションを起こせない)

そこに信頼関係は生まれないのです。

で、

リストを集めて保存しておけば
商品を販売すればするほど、情報を発信すればするほど
信用が積み重なっていきどんどん濃いファンが増えていきます。

見込み客があなたに興味を持った時に
「メルマガに登録」「LINE@に登録」
という風にどうすればいいのかが分かるので

見込み客が何かしらのアクションを起こしてくれて
お互いにやりとりする、

というサイクルを生み出すことが出来るからです。

少し補足ですが実はオファーを出す(商品を売る)ことでも
信用って貯まっていきます。

売ると嫌われる、と勘違いしている人が多いですが
実はそんなことはないんですよね。

この話についてはまたどこかでします。

話を戻して、

単純な話で自発的にやり取りをした場合と
ただ受動的に情報を見ているだけの場合では
だいぶ見込み客の精神状態が違いますよね?

日常生活でもただ全体の場で偉い人、
先生や社長の話を聞いた場合は関心がなくても

直接会って話したりすると一気に好感を持ったり
ファンになったりするなんていうのはよくある話です。

ビジネスの売り上げの観点からも話すと
ビジネスの売り上げは

「新規顧客」か「リピーター」の2種類のどちらかしかありません。

ということは収益を安定させるためには

「リピーター」

を増やす必要があるのです。

リストを集めていない場合は毎度毎度、
1から商品に興味がある人を集めて販売する、

ということしかできないので常に
新規顧客を探し続けなければいけません。

リストを集めておけば、
いつでも自分に興味がある人に対して
直接情報発信することが出来るので

やればやるほど、
リピーターは増えていき
ビジネスは安定するようになります。

『リスト=資産』

と覚えておくと腑に落ちやすいかもしれませんね。

 

リストを教育するとは?

これは恋愛でいうなら

出会い→デート→告白

のデートの段階。

ほとんどの企業はこのデートをすっ飛ばして
いきなり告白しようとするから(セールスするから)
売り上げが伸び悩んでます。

調べれば分かりますが大体の企業の年間純利益は
4000万にいかないくらいで頭打ちですが

この教育という過程を経ることによって
ネットビジネスでは個人がメール1通で
1億以上の利益を上げることも可能です。

で、

なにをするねん?
という話ですけど

この商品、価値観を手にすることが出来れば
どのような未来を手にすることが出来るのかを
見込み客が理解できて、現実感や臨場感が湧き、
実感できるようにしていくことです。

覚えておいて欲しいのですが

『人は基本的に商品を買いたくない』

ということです。

だって、分からないから。

恋愛でも相手のことを何も知らないのに出会ってすぐに
告白されても付き合うのは無理ですよね?

そう、これと同じで商品を買ったら
自分はどんな利益を手にすることが出来て
どんな未来、生活を手にすることが出来るのか?

ということが分からないから
基本的に商品を買いたくないのです。

 

いくつか例を出しておくと、

例えば

・女性に筋トレグッズとかジムを勧める場合
筋トレのイメージって基本的にはムキムキになるとか
ガッチリしていくってイメージですよね?

でも実は筋トレをすることでダイエットもできるし綺麗にもなれるんです。

摂取カロリー>消費カロリーとなっているから人は太っていくので
筋トレをして基礎代謝、
ようは何もしていない時もカロリーを消費する量を増やしていくことで
摂取カロリー<消費カロリーとなるので結果として痩せていきます。

モデルさんが綺麗なのも実は筋トレのおかげで代謝がいいので
肌のターンオーバーも適切に保たれているから肌はキレイだし、

基礎代謝が高いから無理なダイエットをしなくてもいいので
好きなものを食べたりも出来るから精神的にも健康的だから
より綺麗になっていくんですよね。

筋トレを始めることで痩せて綺麗になれるだけじゃなくて
好きなものを食べながらモデルさんみたいに綺麗になれます。

 

・男性に勧める場合
なんとなくめんどくさくて筋トレって敬遠してきませんでしたか?

「マッチョになったらモテそう!」とは思うものの
筋トレが続かない、ということはよくあることなんです。

でも、実は筋トレのメリットってそこだけじゃないんですよね。

筋トレをするとテストステロンという男性ホルモンが増えるので
フェロモンが出るようになり自然と女性からモテるようになります。

女性はマッチョが好きなんじゃなくて、
「フェロモンが出ている人に本能的に惹かれていた」
だけなんです。

さらに、このホルモンの作用で決断力が増し、
精神的にも健康になりますし
見た目が変わることで自信がつき
自然と周囲からの評価も上がっていきます。

決断力が増し、自信がつくことで
結果として社会でも評価されるようになり
収入も増えていきます。

筋トレを始めれば得れるものは筋力だけじゃなくて
女性からはモテますし、周囲からの評価も上がりますし、
結果として収入も上がっていくのです。

 

という風に価値観や得れる未来について教育していきます。

これはかなりざっくりしているのでなんとなく
こういう流れなんだということを掴んでください。

分かると思いますが「教育の過程」ですべきなのは
商品の特徴を伝えることではなくて

それを通してお客さんが
どのような利益を手にすることが出来て
どのような未来を手にすることが出来て
どのようなライフスタイルを実現できるのか?

ということです。

逆に、

これをすっ飛ばしてしまうとお客さんは何も
イメージが出来ないしよく分からないので

元々、深い悩みを抱えている人以外は
絶対に買わないです。

教育をすることでそのほかの潜在的な悩みを
抱えている人にも売ることが出来るので
爆発的に売り上げを伸ばすことが出来るのです。

 

リストに販売する

これに関しては教育と密接にかかわっているというか
教育ありきのモノなので軽く説明ですが、

商品を買いませんか?
という提案をしてください!

ということです。

え?そんなの当たり前でしょ?

って思うかもしれませんがこの提案、
オファーをしているつもりで出来ていない、
オファーの内容がよくない

せいで売り上げが上がっていないという
パターンは非常に多いです。

出会って、デートも何回もしていい感じでも
最後の告白をしてもらえなかったり、
告白の内容がひどかったりしたら付き合おうと思わないですよね?

オファーもかなり重要なので
ここまでで一区切りとして覚えておきましょう。

 

まとめ

さあ、リストマーケティングについて話してきましたが
理解出来ましたか?

リストマーケティングとは

見込み客を集めて
見込み客を教育して
見込み客に販売する

ビジネスモデルのことで、

顧客リストをメルマガやline@に集めることで
直接情報を受け取ってもらったり、
見込み客と直接やりとりすることができます。

見込み客に情報発信を続けることで信頼関係を築けますし、
新しい価値観を知ってもらうことでお互いに成長していくこともできます。

もし、オファー(セールス)をして売れなかったとしても
いいオファーを出していれば信頼や実績は増えていくので

次回、オファーを出せば簡単に売れたりもします。

リストマーケティングはやればやるほど

リストが増えていき、
リピーターが増えていき、
ファンも増えていくので

永遠に稼ぎ続けることが出来ますし、
1年ごとに絶対、収入は右肩上がりになっていきます。

個人でビジネスをするうえでは
導入すべき、というかしない意味はないものなので
まずはこの大枠を把握しておきましょう。

 

読んでいただきありがとうございました!

では失礼いたします。

※合わせて読むといい記事

稼いでいる人がこっそり学んでいるコピーライティング

====================================


212万の利益を現金で稼がせた
ホンのマーケティング資料が
もらえるLINE@はこちらから。無料です。

この資料をもとにコンサルティングすることで、
結果を出していただけました。

(スマホはクリックすれば追加できます)

ID検索は「@wzq6229l」@マークを忘れずに