集客をするうえで絶対に覚えておかなければならない4つの顧客心理とは??

どうも、ほんです。

SNSやブログを使って集客して、
何か商品を販売しようとしているときに
顧客の心理状態って考えたことありますか??

実は、人には4つの心理状態があるので
その心理に沿って集客から販売の流れを作らないと

売り上げは絶対に上がりません。

なぜなら、心理を読み間違えてしまうと
ターゲットにとって必要がなかったり、
その説明では分からなかったりするので

セールスを受けた不快感だけを与えてしまうからです。

逆にこれを理解するだけで結果は
大きく変わってくるので必ず押さえておきましょう(*^^*)

4つの顧客心理とは?

顧客心理は大きく分けて『OATH』の状態があります。

①O…Oblivious(無知)

これは顧客が問題に対して無知であるという状態です。

客観的に見れば明らかにこのままでは
生活が出来なくなるのに

本人は気づかずにパチンコに
行っているような状態です。

この層は問題を自覚していないので
まずは問題提起をする必要があります。

この場合はこのまま過ごしていった場合の
シミュレーションをしてあげて
相手に気づかせてあげればいいということです。

 

②A…Apathetic(無関心)

これは顧客が問題に対して自覚はしているけれど
無関心であるという状態です。

客観的にもメタボリックだし、自分もそれに気づいているけれど
ポテトチップスを食べることはやめない状態ということですね。

そもそも関心がないのでこの層には
「いかに興味づけするか?」
ココが重要になってきます。

痩せればどんな世界が待っているのか
明確なビジョンを見せてあげたり、

このままでは具体的にどんな健康状態に
なっていくのかを示してあげたり、

関心を持たせるように努めましょう。

 

③T…Thinking(考えている)

これは言葉の通り問題について考えている、
どうにかしたいと思っている層です。

このままじゃお金が足りないことも分かっているし
子どもを育てることもできないのは分かっているけれど、

どうすれば解決できるのかが分からない

という風に問題の解決を考えているので
必要以上の説明はせずに解決策を提案する必要があります。

この層の人に実は日本はインフレが進んでいて、、、とか
貯金しても実は資産って減ってるんですよ

みたいな話をしても逆に面倒くさがられて
顧客が逃げてしまいます。

分かっていることをいちいち言われても
「そんなことは分かってるよ!」
って感じですもんね。

 

④H…Hurting(痛い、困っている)

この層はもう借金の支払いが今月末にあるし、
どうにかしないと生きていくことが出来ない、、、

痛い、苦しい、とにかく助けて。
という状態なので何でも売れる状態です。

砂漠で水を売る、という言葉がありますが
これが完全にこの層をターゲットにしたものですね。

他には悪質なプロダクトローンチは主に
この層をターゲットにしていることが多いですね。

とにかく苦しい、解決したいと考えているので
通常の状態であればあり得ないものもつい購入してしまうんです。

また話しますが、この商法は仮に法律に触れていないとしても
倫理的にアウトですし、

ビジネスの基本であるリピーターづくりが一切できない
いずれジリ貧になるモデルなのでやらない+関わらない
ことをお勧めします。

この4つの心理状態を意識するだけで
集客やセールスの成果は大きく変わるので
是非、意識してみてくださいね。

また次回もマーケティングに関する話を
していきますね(*^^*)

====================================


212万の利益を現金で稼がせた
ホンのマーケティング資料が
もらえるLINE@はこちらから。無料です。

この資料をもとにコンサルティングすることで、
結果を出していただけました。

(スマホはクリックすれば追加できます)

ID検索は「@wzq6229l」@マークを忘れずに