分かったふりをしてバカだと思われないための原理原則

どうも、ほんです。

ちょっと自分と同年代のビジネスをしている人たちに
見ていて痛々しいというか、、、
なんかもう、、バカやと思われちゃうよ

って人が結構見受けられたので今回は

どうせ色々と学んでいくならバカだと
思われないようにどうすればいいのか?

どうすれば本当の意味で理解できるのか?

ということについて話していきますね。

そもそもの話。

これは誰でも当てはまるのことなんですけど
人って当たり前にやっていることほど無思考状態になります。

例えば、

車の運転って始めはすごく気を使いますけど
慣れてきたら結構無意識でやっちゃいがちです。

なんか気づけば目的地に着いてた!
みたいなこともたまにありますよね(笑)

他にも、

普段の人と日本語でコミュニケーションを
とるときって特に神経を使いませんよね?

逆に言葉が通じない人と話す時って
ボディーランゲージとか表情とか
色んなもので必死にコミュニケーションをとるので
以外に通じたりします。

お笑い芸人の出川の出川イングリッシュが
分かりやすいかも(笑)

言語が通じないカップルあるあるなのですが
言葉があまり通じない時はラブラブなのに
通じるようになるとコミュニケーションが無意識になるので
すれ違ってけんかが増えるということがよくあります。

分かりましたか、

『人は当たり前にしていることほど無思考になっていきます』

ということは、ですよ。

小学校からなんとなくやり続けている勉強も
もちろん無思考でやりがちってことなんですよ。

しかも、

大人になればなるほど、これまでの経験とか知識とかから
本来の意味とは違った勝手な解釈をしたり
理解できていないのに分かったようになったりする、
ということがめちゃ増えます。

特に!

ビジネスをしていると成功法則とかを
1回聞いただけでなんとなく自分に当てはまったら
分かった気になってる人が多すぎです。

引き寄せの法則とか7つの習慣とか
考えてみれば分かることですけど
あれは成功者の多くが満たしているものを
結果論として抽出しただけです。

出来る限り多くの人に当てはまるように
抽象的(大きな)な概念にしているので
なんとなくわかった気にはなりやすいんですよね。

そもそも勉強の基本

で、

勉強の基本はいろいろとありますが
最低限抑えておくべき原則は

『インプットしたら必ずアウトプットすること』

これだけです!

小学校のから言われ続けている
キチンと復習しなさいってやつですね。

人間の脳の構造的に情報は入れただけでは
記憶には絶対定着しません。

本を読んだり、音声を聞いたり、
動画を見たり、セミナーに行ったり
しただけで満足してしまう人が多いですが
それだけでは何も残っていないということです。

見たり聞いたりした瞬間に感動したり、
発見があったりするだけで3日もすれば
だいたい忘れてしまいますからね。

ちなみにセミナー中にメモをカリカリ
取りまくるのはアウトプットじゃないですからね!

アウトプットをするときは、

自分でノートにまとめなおしたり
ブログやSNSに書いたり
YouTubeに動画を上げてみたり
誰かに話したり

という形ですればいいです。

このときのポイントとして、

『相手に“伝わる”ようにしてください』

ただ話したり書いたりすればいいってもんじゃありません。

そんなことをしても相手は理解できないので
図を使ったり、見出しをつけてわかりやすくしたり、
体験談、具体例を交えて色んな角度から伝えていきます。

こうして初めて相手に伝わるし、
ここまで考えてアウトプットすれば
必ず記憶に定着します。

この過程を経て初めて

『勉強した!』

ということができます(^^)

誰かに伝えるときは

問題提起

結論

解説

結論

という方式にすると伝わりやすいので
是非、この形を覚えておいてください。

もう一つ原則があって、

それは、

子供の気持ちを思い出してみる

ということです。

どういうことかというと何でもかんでも
額面通りに受け止めずに

『なんでだろう?』

っていう疑問を持とうってことです。

子どもって大人と違って経験も知識も常識もないので
僕たちが当たり前のように持っている概念に
全く囚われていないです。

だから、ときおり本質をついたようなことを
言ったりするんですよね。

例えば、成功法則を聞いたときも
なんでこれをすれば成功できるんだろう?

ってことを考えて見るんです。

なぜ成功できるんだろう

〇〇だから

なぜ〇〇なんだろう

〇〇だからかな?

みたいに「最低7回」はなぜと
問いかけるようにすると相当
深掘りできるので理解がめちゃ深くなります。

おそらくここまで深掘りしている人はいないので
ここまで考えることができれば周りに
大きな差をつけることもたやすいですね。

こうすることで表面的な意味だけでなく
本当は、本質的にはどういう意味があるのか?

ということが理解できるようになるので
セミナー講師のように話すことも出来るようになりますよ。

勉強についてはこの動画でも詳しく解説しているので
確認しておいてください↓

 

簡単にまとめておくと、

勉強するときは必ず

インプットとアウトプットをセットですること
子供のようになんでだろう?と疑問を持つこと

この2点を必ず忘れないようにしてください。

そうすることでほんとうの意味で身につくので
自分の力になっていきます。

知識をみにつけることは最大の投資なので
たくさん学んで稼いでいきましょう。

読んでいただきありがとうございました!

では、失礼します。

最新情報をチェックしよう!