Twitterを使ったリスト取りとブランディング方法

どうも、ほんです。

この記事ではTwitterを使ったリスト取りとブランディング方法
について1~10まで解説していきます。

読み終わる頃にはTwitterで自然とリスト取りが出来るようになるでしょう。

ちなみに今回は

・まだ実績がない、もしくはそこまでない
・直接収益に結びつく濃いリストが欲しい

というケースを想定しているので、

オプトインアフィリのためにとにかくリスト取りたい!
堅実なブランディングで明るいイメージを保ちたい!

って場合は当てはまらないところもあります。

 

Twitterの特徴を抑えておく

 

ブログ、YouTube、Facebookなどなど、
どこでリスト取りをしてもいいのですが
必ず各メディアごとの特徴を抑えておく必要があります。

当たり前ですけど、メディアごとに客層、アクセスされる経路、
そのプラットフォーム(YouTube社やFacebook社)によって
企業側からこうしてほしいという方針があるからです。

Twitterの特徴を考えてみましょう

・若年層が多い
・RT、引用RTなど気軽に拡散できる機能がある
・最近ではフォローしている人がいいねした人も表示される
・フォローかいいねをすると相手に通知が行く
・140文字と文字数制限がある
・写真は4枚までつけることが出来る
・アカウントはいくらでも作ることが出来る
・フォロワー数やいいね、RT数があると信用されやすい
・最近は仕事で使っている人も増えている

ざっとこんな感じ。

 

Twitter集客の8割はプロフィール

さて、Twitter集客をする上でどこに一番気を使えばいいでしょうか?

投稿文?
DM?
フォロワー?

正解は

 『プロフィール』

です!

だって、ここが必ず最初にチェックされて
ここがつまんなかったり怪しかったりすると
興味を持ってもらえないから。

集客の基本は“興味付け”
いかにひと目見たときに気になるようにして
投稿を見てもらうかが大事です。

Twitterを見ている人は
気の利くキャバ嬢じゃないんですから

影響力が少ないうちは自分がやれることは
総動員していきます。

読者にとってメリットがないアカウントを
フォローする人なんていませんから。

Twitterのプロフィール構成要素は

・アカウント名
・プロフ写真(アイコン)
・ヘッダー写真
・プロフィール文
・位置情報
・任意のWebサイト
・プラスαで固定ツイート

って感じでそれぞれをしっかり
戦略を練って作っていく必要があるのです。

○アカウント名
ここをなんとなく名前だけとか英語名に
している人が多いけど有名人じゃないんだから
もっと工夫していかなきゃダメです。

方法としては

①アカウント名自体を強烈にしてしまう
②“名前”@〇〇、、みたいに後ろに肩書を書く

の2つの手があって、ここで必ず自分が
どういう人か分かるようにしましょう。

自分の属性やキャラを定めることで
ターゲットを絞って集客できるようになります。

ここはコピーライティングのテクニックが生きるのですが
興味性、意外性、反社会性などなど、
気を引く要素を組み込めるとなおのことよしです。

関連記事:コピーライティングの大原則1~3つのnot~

 

○プロフ写真(アイコン)
顔を出せばいいって思ってバッチリカメラ目線とか
美男美女を出せばいいと思って拾い絵を使ってるのを
よく見ますがあれは“NG”です。

ポイントは

・読者に想像させる
・業者感を出さない
・色味でもアピール

の3つ。

モデルさんの写真がなぜカメラ目線じゃないのか
考えたことはありますか?

あれはあえて目線を合わせないことで
非日常感を演出するためです。

これはブランディングの基本ですが人は

”生活感のないものに魅力を感じる”

傾向にあります。

ハイブランドのショップやファッション誌を
見ればこれは理解できますよね。

ということはSNSのプロフもカメラ目線はNGです。

あと、首から下だけとか目が写っていない写真とかを
思い浮かべて欲しいんですけど「なんとなく気になる」
って感覚を覚えちゃうんですよね。

これは人の心理、「穴があると埋めたくなる」
というものが関係していて、

写っていない部分がある

何が写ってるか勝手に想像する

脳内で補完していく

というふうに自動的になっちゃってるからです!

プロフ写真はあえて
妄想できるようにしておくとベスト。

次に安易にプロっぽい写真を使う人が多いですけど
消費者側から見るとど~しても業者っぽく見えます。
(外人モデルの写真とかを除いたとしても)

それよりも素人が撮ったんだな~って
写真のほうが好感が持てますし
共感されやすいです。

ちょっとボケてたり、
ちょっと色あせてるとか最高ですね。

最後に、モノクロ写真は使わないほうが良いです。

Twitterで新規にアクセスが来るときは

・自分からフォローやいいねをしたとき
・自分のツイートがいいね、RTされたとき

の2種類が主なものです。

ということは出来るだけ目に止めてもらうためにも
色味のある写真のほうがいいということですね。

以上がプロフ写真の注意点になります。





想像以上に長くなりそうなので続きは
別記事にて書きます!

Twitterは使いこなすと楽しい媒体なので
楽しんで使っていきましょう(^^)

最新情報をチェックしよう!