コピーライティングの大原則④~リサーチが全て~

さて、いよいよコピーライティングの大原則も大詰めです。

1~4まで全てを実践することができればそれだけで他の人より圧倒的に差が生まれますよ。

なぜなら、“コピーライティングは科学”だから

〇〇さんだから出来る、
〇〇さんは才能があるから、

みたいな世界ではなくキチンと学び実践し、
自分の文章や上手い人の文章を分析し、
検証を繰り返していけば誰でも書けるようになります。

誰でも出来るようになるけど、
ほとんどの人が学んでいないのがライティングスキル。

学んでいるふりをしている人は多いですが
こーいう大原則を抑えずにテクニックを追いかけ
自己流でやっている場合がほとんどです。

やるだけでマイノリティになれるので
ガンガンやると超お得ですね!

リサーチはやらなくていい

・市場リサーチ
・ライバルリサーチ
・属性リサーチ

リサーチには色々とありますが
ほとんどの人はまずやりません。

昔の僕も尊敬している人が

『リサーチは誰もやらないからこそやるだけで差別化出来る』

と繰り返し言っていたのに全くやっていませんでした。

結論から言うと“そもそもリサーチしないといい文章は書けない”です!

というか特定の誰かに向けて書くということは
少なくともその人が

どんな悩みを抱えているのか?
どういう生活をしているのか?
理想の生活はどんなものなのか?
その人はどんな話し方をしているのか?

などを調べないと書こうとしても
書けないですよね。

例えば、
「ブログが書けなくて悩んでいます。」
という悩みがあったとしても

・ネタが出なくて悩んでいるのか
・文章がうまく書けなくて悩んでいるのか?
・やらなきゃいけないのは分かっているのに動けなくて悩んでいるのか?
・実は書けているのに収益が出なくて悩んでいるのか?

などなど、
いろんな悩みの種類があります。

リサーチをしないと関係のない話を
書いてしまうので読者さんに
響かなくなってしまうのです。

といっても、

最初からここまで調べようとすると
多くの場合は挫折してしまうので
最初のうちは

“昔の自分へ向けて書く”

ことがおすすめです!

自分に関しても状況ごとに振り返る必要はありますが
それでもハードルはだいぶ低くなります。

昔の自分という特定の1人に向けて
悩みが解決する手助けになるようなことを
書けば必ず昔の自分には響きますし、

そーいう文章をかければ
他の人も反応してくれるので。

これで大原則については終了です。

細かい枝葉の部分であるテクニックは
この土台の上に全てあります。

ということは先にこれを学んでおかないと
いくらテクニックを学んでも
いい文章は書けないということです。

まずはしっかり土台作りをすると
結果が出るのは早くなりますよー。

読んでいただきありがとうございました!

※関連記事

コピーライティングの大原則1~3つのnot~

コピーライティングの大原則2~3つのone~

コピーライティングの大原則3~ラブレターライティング~

SNS時代の顧客の性質~変化したnot readの壁~

読者に読んであと、自分にとって必要だと思ってもらえる3つのCとは?

====================================


212万の利益を現金で稼がせた
ホンのマーケティング資料が
もらえるLINE@はこちらから。無料です。

この資料をもとにコンサルティングすることで、
結果を出していただけました。

(スマホはクリックすれば追加できます)

ID検索は「@wzq6229l」@マークを忘れずに