起業して引っかかりがちな罠について

どうも、ホンユウタです。
 
約1ヶ月ぶりの更新ですが、
自分への自戒とメモ書きを兼ねて書いてます。
 
結論から言うと、

「ダサくても何でもいいから、結果の出る戦略を組め!」

って話ですね。
 
 
  
ボクの場合はネットで起業していますが、
起業した人がよく引っかかる罠に、

“目立つ人のマネをしてしまう”

というものがあります。
 
 
ボクもついやっちゃいます。

自分の立ち位置を忘れて、
スマートで、カッコよくて、
憧れるような戦略で動こうとしちゃいます。
 
 
学ぶことは真似ることなので、
パクること自体は悪いことじゃないんですけど、

「自分はまだ影響力も知識も経験もない。」
という前提を忘れちゃダメでしょ、ということ。
 
 
別に知識自体はいいものなんだから、
そういうところはガンガン成功者を
マネてけばいいんです。

でも、ポジションが違うんですよね。
 
 
成功者が都内のタワーマンション最上階から
喋っているとしたら、

まだうまく行っていない人っていうのは、
下町で喋っているレベルのポジションです。

同じことを言っても説得力が
段違いなんです。
 
 
例えば、ホリエモンと同じことを、
ただの大学生が表面をなぞって話しても、
ダサいだけで、「分かったふりをするな!」
と批判を浴びるだけですよね。

 
 
そう、僕たちは弱者なんです。

めちゃくちゃ弱くて、
カッコいいことばかりを真似しても、
逆にダサくなっちゃうんです。

子どもがお父さんの服を着ても
ダボダボでカッコ悪いのと同じ。
 
  
 
ってことは、常にやるべきことって

「ダサくても何でもいいから、結果の出る戦略を組め!」

これに尽きます。
 
 
スマートじゃなくても地道に営業活動したり、

ダサくても周りがしない問い合わせをしまくったり、

カッコよくないけど1人1人の見込み客と向き合ったり、

とにかく影響力を持っている、
起業に成功している人が“今は”やっていない、
戦略を組んでいくんです。
 
 
人って究極のめんどくさがり屋なので、
こーいう地道でダサいことを全力で避けます。

結果出てない人ほど、避けまくってます。
 
 
でも、誰でも共通しているものって、
「時間」と「エネルギー」=「労働力」だけなわけで、

それをいかに使っていくか?
シンプルにこれだけで人生は決まります。
 
 
起業当初なんて、資金力も経験も知識も人脈も
なにもないわけですからとにかく、
今の自分にとって面倒な戦略を組んでみるんです。

やりたくない、と感じるなら、
それは周りも同じなので、
やるだけで差別化ですよ。
 
めちゃくちゃシンプルですね。
 
 
 
こうやって言葉にしてみると、
ものすごく当たり前なんです。

それでも自分に合わないカッコいい戦略を
選んでしまうのって“お金”にフォーカスすると、
人って引くぐらい視野が狭まるからなんですよね。
 
 
ボクの師匠がよくいいますが、

「ほとんどの人のお金に関する思考力はサル以下」

です。本当に。
 
 
じゃなきゃ、大企業とかすでに成功している人の
戦略を弱小の個人がマネをして、失敗して、

「なんで上手くいかないんだ。。。ビジネスって難しい。」

みたいな感じにはなりませんから。
 
 
当たり前の話だからこそ、
認識しておかないといけませんね。
 
 
では、失礼します。

====================================


212万の利益を現金で稼がせた
ホンのマーケティング資料が
もらえるLINE@はこちらから。無料です。

この資料をもとにコンサルティングすることで、
結果を出していただけました。

(スマホはクリックすれば追加できます)

ID検索は「@wzq6229l」@マークを忘れずに