どうも、ホンユウタです。

少し前まではネットでの完全自動化に興味津々!
という感じで過ごしていましたが、

今は方向性を入れ替えてリアルでのやり取りや、
お金よりも信用と信頼を積み上げることに
フォーカスを当てています。

その中で考えさせられたのが、

「何をやるかよりなんのためにやるのか?」

というポイントです。

 

ぶっちゃけ、お金を稼ぐだけなら、
家に引きこもって1日中リサーチして、
外注さんにそれを元に投げて、
ステップメールを書いときゃいいです。

めちゃシンプルですが情報発信で慣れたら、
これだけで青天井で上を目指せるんすよね。

人は自分の目に見えないものについては
深く考えずに思考を放棄するくせがあるので
なかなか気づけないだけでめちゃ簡単なわけですよ。
(実際、感覚つかめたら1ヶ月で普通に稼げます)

オンラインで稼ぐことってようは、

「お客さんがお金を払ってもいい」

という状態を作ればいいだけです。

これをリアルではなくネットでやれば、
ブログやSNSなどのスピーカーをつかって
声を大きく出来るから楽ということです。

これが「何をやるのか?」というところの話ですね。

人生は生き方で評価される

ただ、

人生ってめちゃ長いわけです。

つい、3ヶ月とか半年とか1年とかで、
物事を考えたり、目標を立てたりしますけど、
今は人生100年時代なんですよ。

40代、50代でもまだ折り返し、
そう考えた時に、「あ、このままじゃやべーな。」
と思いました。

 

僕はネットをつかって効率化を求めすぎて、
いつの間にか「ただお金を稼ぎたいだけの人」
になっていたからです。

そうじゃないだろと。

リアルでもマンガでもアニメでも小説でも

いつだってカッコいいのは「Discipline」な人です。

で、人生を10年、20年単位で見た時に
僕が目指しているのはそういう生き方。

Discipline、と言われてもなかなか耳慣れないですよね。
直訳すると、しつけ、規律という意味で、

僕が尊敬する人、全員に共通している部分でもあります。

日本語訳だとイメージが付きづらいので、実例を元に説明すると、

憧れられる人生とはなにか?

ある高校ラグビー部での話。

ラグビー選手は体を大きくするために
1食で肉を1キロ、米3合を食べたり、

その他の時間はひたすらトレーニングしたりと、
想像以上に根性や気合のいる世界。

 

なので、その高校では根性練として、
練習が終わって一番疲れているタイミングで
4隅にカラーコーンを置いて、

「このままグラウンドを走ってこい!」

と言われて走らなければならなかったです。

めっちゃツライわけですよ。

バテバテなタイミングでさらに延々と
グラウンドを走らされるんですから、
たまったもんじゃないです。

 

で、監督の指示だからみんな毎日、いやいやでも
走り続けてました。

そんな練習が終わったある日、監督が言いました。

「お前ら、カラーコーンの周りの足跡を見てこい。」

??、

となりながらも監督の指示なので見に行きます。

見てみると、カラーコーンの内側、コーンに近い外側、外側、
色んな場所に足跡がありました。

そこで監督が言います。

「これがお前らだ。お前らはもう疲れている、早く終わりたい、
 少し楽したい、そう考えているから足跡がバラバラなんだ。

 ただな、世界のトップクラスのニュージーランドの高校生が
 同じことをやると足跡が毎回同じ場所、外側にあるんだ。

 これは言われたからやっているんじゃない。
 自分たちに対して厳しく規律を持って生きているから、
 無意識でそういう動きになるんだ。

 だから、圧倒的な結果を出すことが出来ている。
 いざってときに底力を出すことが出来る。

 これをDisciplineというんだよ。」

 

めっちゃカッコよくないですか?

僕はこの話を聞いた時に超しびれました。

あー、俺ダサいなって。

なんとなく、楽な方へ。
なんとなく、自分が生きやすい方へ。
なんとなく、毎日を消化して。
なんとなく、お金が稼げるだけの生活

こんな人生、俺の目指してる場所じゃないって感じましたね。

 

僕の尊敬する起業家って全員共通して、
「自分に対して厳しい」です。

それを見た時にカッコいいと思いつつも、

「俺はそこまでしたくないな~~笑」

くらいの感じで他人事として見ていたんですよね。
だって、楽して稼ぎたいじゃないですか。

ツライこととかは避けたいわけですよ。

めんどくさいし、ダルいし。

 

でも、違うだろと。

世の中で尊敬される、評価されている、語り継がれている人を見ると、
お金だけでそのポジションまで言っている人は見たことないです。

ってことは、僕のその思考の延長線上には
お金はあっても人はついてこない人生しかなかったんですよね。

 

何をやるかだけを考えた時に気づけませんでしたが、

なんのためにやるかを考えた時にこのままではダメだと気づきました。

自分自身に規律を持って、自戒し、
より高みを目指す人生って最高にカッコいいです。

だから、俺もそうなろうと。

Disciplineというのはこういうことです。

自分自身に対して「制約をかけて生きること」

を指しています。

キングダムの信から学ぶ人がついてくる生き方

理屈とかやりやすさとかそういう話ではないんです。

これはキングダムの信にも共通しています。

キングダムってようは中国統一するために、
戦国時代を勝ち上がっていく話です。

人は殺すし、略奪も当たり前。

みんな、
「戦争だからこんくらい、いい思いしてもいいだろ!」
という気持ちで流されて生きています。

だって、死ぬかもしれない戦いをしてるんだから、
ちょっとでもいい思いはしたいです。

周りもみんなしているし、そうするのが当たり前だし、
当然のことですよね。

 

これってリアルでも同じですよね。

・渋谷のハロウィンではみんながゴミを捨てているから捨ててもいい、なにをしてもいい

・周りが時間を守らないなら自分も守らなくてもいい

・ビジネスでは誇張表現ばかりして稼いでいる人がいるから、自分もまねしてもいい。

・本当は売りたくないものでも周りがそれをしているから自分も売りつけてもいい。

これが普通です。

だって、ツライし、苦しいし、周りがしているし、
やってもいいじゃん。

 

でも、信は「絶対に略奪はしない。そして、仲間にもさせない。」
という制約を”あえて”自分にかけ続けているのです。

周りがしているから、
ではなく、自分がどう生きるのか?

を徹底しているんですよね。

流されることは誰にでも出来ます。

だから、流されずに軸を持って、
自分を律して、生きている人は輝いているのです。

めちゃカッコよくないですか?
こんな人にはついて行きたくなります。

リアルでもこういう生き方の人の周りには
無条件で信頼してくれる仲間がめちゃくちゃいます。

キングダムを読めば、無条件で信のファンになるので、

読んでみるといいですよ。

マジでカッコいいです。

[amazonjs asin=”408877079X” locale=”JP” title=”キングダム 1 (ヤングジャンプコミックス)”]

3つの人生からどれを選ぶのか?

人生は大きく分けると3つあると思います。

1.チャレンジせず波風立てない普通の人生

2.チャレンジしてお金は稼げているけど輝いていない人生

3.お金もあり人もいて輝いている人生

以前までの僕の人生は2番でした。

 

ビジネスはシンプルなのでどんな状況でも諦めずに挑戦すれば
結果は必ず出ます。

それは僕のリアルな例からでも分かるかと。

僕のリアルな成功と失敗の体験談はこちらから

 

結果のでない人は途中で諦めているだけですから。

 

それなら、そこを踏まえた上で、

なんのためにどういう生き方をするのか?

これが重要です。

なんのために生きていて、
なんのために仕事をして、
どのような人生を歩みたいのか?

この問いかけをしつつ、リスタートですね。

 

いや~、ビジネスって本当に楽しいですね。

ただの田舎の大学生だった僕がたった1年9ヶ月で
こんな発言をするようになるんですから。笑

 

僕はよくストイックと言われますが、そうではありません。

Stay Gold(いつまでも輝き続ける)

そんな人生を成し遂げたいから思考が現実化しているだけです。

 

最高に不自由だから、最高に自由なんです。

Disciplineに生きましょう。

 

あなたはどの人生を歩みたいですか?

感想や意見等があれば是非、

メッセージを頂けると嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!